NEDO Web Magazine

「カーボンニュートラルの空へ」―NEDOバイオジェット燃料生産技術開発(SAF実用化)―

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、国際的な航空燃料の脱炭素化に対応するため、
バイオジェット燃料を開発するプロジェクトを進めています。
日本の技術力で生み出された持続可能な航空燃料SAF(Sustainable Aviation Fuels)の
生産と実用化を達成することがプロジェクトの目標です。
バイオマスから、炭化水素の精製、蒸留や混合までの「燃料一貫生産」が行われ、
同時に、石油由来の航空燃料と同等の性能と品質を持つことが必要です。
プロジェクトから生み出されたSAFは、国際規格ASTMに適合することが証明され、
定期便旅客機に給油することが認められました。
こうして遂にSAFを用いた商用飛行が実現することとなりました。


▼ 「FocusNEDO第83号」にも掲載しております。
木くずや藻を原料にした代替航空燃料生産とサプライチェーンの早期構築に向けた取り組みを紹介します。
木くずや微細藻類から持続可能な航空燃料を生み出す