NEDO Web Magazine

バイオ×デジタルで未来を拓くスマートセルインダストリー

「スマートセル」とはヒトの生活に役に立つ物質をたくさん作るようにデザインされた生き物(細胞)のことです。現在の産業界が抱える様々な課題を解決する優れた手段として、NEDOではスマートセルを使って省エネルギー・低コストにものづくりをする「スマートセルインダストリー」の実現を目指しています。

▼事業紹介
『植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発』

▼実用例紹介
『NEDOスマートセルプロジェクト』


バイオ×デジタルで未来を拓くスマートセルインダストリー

スマートセルインダストリーの例として、私たちの健康に役立つEPA(エイコサペンタエン酸)を作る微生物が生み出されるまでを紹介します。そう遠くない将来、身のまわりのいろいろなものが生き物の力を使って作られるようになるかもしれません。