NEDO Web Magazine

「第39回 NEDOピッチ(FoodTech ver.)」-世界のフードテックの潮流-をご紹介します。

NEDOが事務局を務める、第39回 NEDOピッチでは、
食の業界をテクノロジーで革新する「FoodTech(フードテック)」をテーマに、
関連する優れた技術を持つ、5社のスタートアップ企業に登壇いただきました。
こちら二回に分けて掲載していきます。お楽しみください。

「第39回 NEDOピッチ(FoodTech ver.)」の開催


世界のフードテックの潮流とFood Tech Studio - Bites!のご紹介

ゲストコメンテーターManaging Director / Food Tech Studio - Bites!
 Senior Associate / Scrum Ventures 早嶋 諒 氏
現在、Scrum Venturesにて日本におけるスタートアップ投資、ならびにFood Techを
テーマにしたオープンイノベーションプログラムを担当。
それ以前は、米系コンサルティングファーム A.T.Kearneyにて、消費財・製薬・エネルギー領域を中心に、
中期経営計画策定、新事業戦略立案、マーケティング、業務改善等の支援に従事。
東京大学文学部卒。

 

調理をロボットで革新する
  Innovative Kitchen by Robotics(コネクテッドロボティクス株式会社)

コネクテッドロボティクス株式会社 代表取締役 沢登哲也氏
東京大学卒業、京都大学大学院修了、外食企業での店舗企画運営業務、
MITのベンチャー企業にてロボットコントローラ開発を経て、2014年にコネクテッドロボティクス株式会社を創業し、
「調理をロボットで革新する」をテーマに食産業を革新するテクノロジーの開発販売事業に取り組んでいる


ロカルメオーダ 「簡単」「スピーディー」「高品質」な食品製造の受発注プラットフォーム
(スパイスコード株式会社)

スパイスコード株式会社 CEO 中河宏文氏
1981年2月生まれ。富山県出身。MIRACLE LINUX社にて通信キャリア向けLinux Kernelの研究開発を行い、
Cerevo社では創業期のプロダクト群の開発を行う。
シェフである妻の話から食産業でのDXの実現が急務だと確信し、スパイスコード(株)に参画。